近年、女性の社会進出が進みました。かつては男性の職場と言われる場所にも女性の働く姿を見ることができるようになりました。かつての日本ではすべての男女が結婚する皆婚時代ともいわれた時期がありました。当時には結婚は女性にとって就職を意味していました。女性は家庭に属して家庭も守る存在、「嫁ぐ」なんて言葉もこの頃ではあまり聞かなくもなりました。しかし、現在は女性が社会に進出することも進み、そんなかつての結婚へのありかたの時代は終わりました。男女ともに結婚する年齢も遅れ、晩婚化といわれたり結婚しない男性や女性も増えてきました。

そんななか女性であると30代後半や40代の妊娠・出産となると病気や障害をもった子供が産まれやすくなってしまいます。女性の社会進出が進み、女性が一生懸命に働いているとあっと言う間に出産適齢期がせまり、あせりや不安を感じるという話を聞きます。

海外では働くシングルマザーさんが多い

しかし、子供を産むには女性1人だけでなく男性が必要になってきます。海外では日本よりも古くから女性の社会進出が進んでいて、働いていて出産適齢期を迎えた女性は精子バンクを利用して出産にいたることがあると言います。齊藤先生に聞く!【38】理想的な出産適齢期はいつまで?

そのため日本よりも未婚のシングルマザーさんが多いと言われています。日本においても海外のように精子バンクや精子提供を利用して子どもを産みたいという女性が出てきているようです。精子提供ボランティア 青い鳥 東京 | 個人による精子バンク

女性は男性とは違い子供を産むという機能が備わっています。女性に生まれたからには1度は子供を産んでみたいという話はよく聞くものです。働きながら子供を産み育てることは大変なことですが子供を産まなかったという後悔するよりは良いのかもしれません。

働く女性の恋愛と幸せな人生のガイド「マイナビウーマン」